食べる

札幌で体験型「五感で楽しむ収穫祭」 トウモロコシ収穫映像やライブ演奏も

岩見沢・矢尾農場で収穫した新鮮なトウモロコシに合う料理を提供する

岩見沢・矢尾農場で収穫した新鮮なトウモロコシに合う料理を提供する

  •  
  •  

 「ハーベストフェスティバルvol.01“五感で楽しむ収穫祭”」が8月29日、狸(たぬき)小路にあるホステル「GRIDS SAPPORO HOTEL+HOSTEL」(札幌市中央区南3西5)屋上スペースで開催される。主催は「IGS~Infinity Grobal Studio」プロジェクトチーム。

「ハーベストフェスティバルvol.01」ポスター

 「札幌から海外へ北海道の新しいストーリーを伝え、成長し続ける集団であること」を目指して、有志が集いプロジェクトを発足し、今回初めて食と音楽のイベントを企画。「街中グランピング」をテーマに、都会のビルの屋上で、お酒、音楽、アート空間と共に、大地の豊かな恵みを提供する。

[広告]

 岩見沢を拠点に、畑から収穫した農作物をその都度冷却して出荷する体制を整えて出荷するなど、新鮮なまま消費者に届けるこだわりを持ち農産物を生産している矢尾農場(岩見沢市)のトウモロコシをBBQスタイルで提供する。同農場は毎年東京農業大学の学生を研修生として受け入れ、「日本一甘い幻のスイートコーン」作りに取り組むプロジェクトも行っているという。

 甘いトウモロコシに合う肉、野菜を楽しみながら、イタリアンレストラン「RJ」(札幌市中央区)のシェフ監修のイベントオリジナルソースやアペリティフ、チーズ専門店「Fattoria Bio Hokkaido」(白石区)のチーズ、余市ワイナリー(余市郡)のワインなども味わえる。

 会場は「街中の地中海をテーマに、食空間プロデューサーのSAORIさんが演出。同農場のトウモロコシ収穫の様子など映像演出、東京や札幌で活躍するアーティストによるライブ演奏も行う。

 開催時間は19時~21時(18時30分開場)。会費は3,500円。事前予約が必要で、定員50人になり次第受け付け終了。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…