食べる

札幌・北24条商店街に「シハチ鮮魚店」 親子3世代で訪れられる店に

外観(※写真は完成予想)

外観(※写真は完成予想)

  •  
  •  

 「シハチ鮮魚店」(札幌市北区北24西2、TEL 011-729-0066)が7月8日、札幌北24条商店街にオープンする。経営は飲食店などを展開するラフダイニング(同中央区南2西7)。

 同店は既存店「港町のモンキチ」を業態変更し、鮮魚店、食堂、酒場の機能を一つにした店。朝は卸売市場や浜から買い付けた鮮魚を切り身などで販売し、昼は食堂として海鮮丼などを提供、夜は魚と日本酒を楽しむ酒場として営業する。

[広告]

 昼の営業ではアルコールも提供する。自らが選んだ魚を店内で食べられる仕組みが特徴で、昼間に海鮮を味わいたい観光客の来店も見込んでいる。同社社長の大坪友樹さんは「近隣住民の昼のコミュニティーの場になってくれれば」と話す。

 大坪さんは「小さな子どもからお年寄りまで、幅広い年齢の人たちが同じ空間で楽しめる店にしていきたい。『日常においしい魚を』をコンセプトに飲食店と鮮魚店の新たなコラボレーションに挑戦していきたい」と話す。

 既存店の「港町のモンキチ 北24条店」は6月30日まで営業。7月1日~7日に改装を行う。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…