見る・遊ぶ

札幌市で「チューリップ・すずらんフェスタ」 185品種24万球のチューリップが出迎え

「彩の丘」のイメージ

「彩の丘」のイメージ

  •  
  •  

 「チューリップ・すずらんフェスタ」が5月18日から、北海道内唯一の国立大型公園「国営滝野すずらん丘陵公園」(札幌市南区滝野)で開催される。

 チューリップやスズランが見頃となる季節に毎年開催される同イベント。「ディズニーランド パリ」や「イエロースパイダー」などさまざまな色・形の品種185品種24万球が見られる。

[広告]

 チューリップ畑は毎年見せ方を改良し続けている。背丈や花期をずらして植えることで、見る時期や角度によって印象の異なる景観が楽しめる。色が入り混じり、グラデーションを形成する混色植えの花畑や、虹のような彩りの花畑など見る人を楽しませる工夫も凝らす。

 担当の北村悠馬さんは「2つの花畑が滝野の広大な丘を彩る。北海道内でも有数の品種数・面積の小滝野公園でチューリップ鑑賞を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は9時~17時(31日まで、6月1日~6月9日は18時まで)。入園料は、大人=450円、65歳以降=210円、中学生以下無料。6月9日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…