見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌都心に「中央体育館」移転オープンへ 現中央体育館でも閉館イベント

4月27日に開館する「札幌市中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)」

4月27日に開館する「札幌市中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)」

  •  
  •  

 現施設の老朽化に伴い2017年3月から移転改装工事を進めていた「札幌市中央体育館(北ガスアリーナ札幌46)」(札幌市中央区北4東6)が、4月27日にオープンする。

 新体育館の敷地面積は、1万5060.43平方メートル。体育館棟は、鉄骨鉄筋コンクリート造・地上4階建て。バスケットコート3面分を確保できる2階のアリーナは、可動式の観客席2500席を備える。アリーナの周囲には1周250メートルのランニングコースを併設し、1階に最新の器具を備えたトレーニングルームやウェイトリフティング室、相撲室、ボクシング室、剣道室、武道室、柔道室、弓道室、アーチェリー室、多目的室などを置く。駐車場棟は、鉄骨造・地上2階建て。1階駐輪場は約190台、2階駐車場は約100台を収容する。

[広告]

 開館を記念して27日から、「スポーツコミュニティフェスタ~新しい中央体育館がまるごとわかる3日間~」が開催される。

 27日はネーミングライツ「北ガスアリーナ札幌46(ヨンロク)」の除幕式やオープニングアトラクションなどの開館記念式典を行う。オープニングイベントでは、アリーナ大型ビジョンで館内設備の紹介、北海道のプロスポーツチーム(レバンガ北海道、エスポラーダ北海道、サフィルヴァ北海道)によるビデオメッセージの上映、冬季オリンピックに5大会連続出場したスノーボーダーの竹内智香さんと元コンサドーレ札幌で一般社団法人「A-bank北海道」代表の曽田雄志さんのトークショー、ゲストに小椋久美子さんを迎えてバトミントンエキシビションマッチおよびバドミントン教室を予定する。

 28日は、プロフットサルチーム「エスポラーダ北海道対名古屋オーシャンズ」のFリーグ2019/2020プレシーズンマッチが行われ、エキシビションマッチとして、フットサル女子チーム「エスポラーダ北海道イルネーヴェ」の試合を行う予定。

 29日は、アリーナでバスケットボール、バレーボール、フットサルなど9種類のスポーツやパラスポーツ体験会、1階競技室とトレーニング室を無料開放する。館内では、「北ガスアリーナ札幌46謎解きラリー」を行う。

 イベント1日目と2日目の来場は、要事前申し込み(締め切り4月12日必着。バトミントン教室は申し込み不要)。3日目のスポーツ・パラスポーツ体験は施設内で先着順受付となる。

 イベント後の施設利用料(個人)は、一般=390円、高校生=230円、高齢者(65歳以上)=130円、中学生以下無料。開館時間は9時~21時。休館日は第1月曜(祝日の場合は第2月曜)。

 1966(昭和41)年に設立され53年間市民に親しまれた現中央体育館(大通東5)は、4月14日に閉館する。13日と14日は、入場無料となり閉館イベントが行われる。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…