見る・遊ぶ

札幌で「山本二三展」 スタジオジブリ作品の背景美術など230点展示

天空の城ラピュタ≪荒廃したラピュタ≫1986年 ©1986 Studio Ghibli

天空の城ラピュタ≪荒廃したラピュタ≫1986年 ©1986 Studio Ghibli

  •  
  •  

 アニメーション映画で背景画家や美術監督を務める山本二三さんの企画展「日本のアニメーション美術の創造者『山本二三展』」が現在、サッポロファクトリー(札幌市中央区北2東4、TEL 011-207-5000)3条館2階特設会場で開催されている。

 山本さんは、日本を代表する文化と認知されているアニメーションの世界をけん引してきた立役者の一人。数々の名作アニメーション映画で背景画家や美術監督を務め、優れた技術に裏打ちされた美術の仕事で高い評価を得ている。

[広告]

 会場では、「天空の城ラピュタ」(1986年)や「火垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)などの背景画や準備段階で描かれるイメージボードなど、初期作品から最新作まで約230点を展示する。

 担当者の大澤風子さんは「日本アニメーション界を代表する背景画が一堂に会す。見るだけでその世界の空気まで薫ってくるような精巧で温かみのある作品を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は10時~19時(元日は18時まで)。入場料は、一般=1,000円、高・大生=800円、小・中学生=500円、未就学児無料。2月11日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…