見る・遊ぶ

札幌芸術の森工芸館で「花ふるカラー」 テーマは「花」と「色」

会場の様子

会場の様子

  •  

 札幌芸術の森工芸館(札幌市南区芸術の森2、TEL 011-592-0090)で3月3日から、「0さいからのげいじゅつのもり『花ふるカラー』」が開催される。

 同イベントは、親子で楽しむことができる札幌芸術の森のシリーズ展覧会。5回目となる今回は、「花」と「色」をテーマに開かれる。

[広告]

 会場では、紙製の花を風に乗せ、落ちてくるところをつかまえて遊ぶ「ふるふる花ふる」や、5種類のブロックおもちゃを楽しめる「お花ブロック」を設ける「遊びコーナー」、同館が所蔵する花の絵を集めたミニ展覧会「お花の絵畑」、花にまつわる神話や伝承を基にしたショートストーリーをパネルで紹介する「お花のおはなし」を設ける「鑑賞コーナー」を用意する。

 3月17日・21日の10時~13時(受け付けは12時30分まで)には、ハニカム構造で重ねられた「紙でんぐり」を切ったり、アコーディオンのように広げたりし、立体的な花を作る「カラフルツリー」(参加費300円)も行う。

 開催時間は9時45分~17時。月曜休館(4月30日、5月7日は開館)。観覧無料。5月13日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…