円山に「オーガニック」カフェ-オーガニック食品や雑貨の販売も

オーガニック食品や雑貨などの物販コーナーを店内入り口に設けた明るい雰囲気の店内

オーガニック食品や雑貨などの物販コーナーを店内入り口に設けた明るい雰囲気の店内

  •  
  •  

 オーガニック食品や雑貨などの物販コーナーを併設したカフェ「プチ・マルシェ(小さな市場)」(札幌市中央区大通西24、TEL 011-633-4061)が6月27日、札幌市営地下鉄東西線円山公園駅近くにオープンした。

 同店が位置する円山公園駅付近には、夜まで営業しているカフェが少ないため営業時間を10時~23時に設定し、「市場のように、いろんな人に集まってもらえるように」(同店担当者)と食品や雑貨を扱う物販コーナーを併設。幅広い年齢層をターゲットに設定した。店舗面積は24坪で、36席を設けた。

[広告]

 メニューは、「オーガニックブレンド」「オーガニックワイン」(各600円)をはじめ、マンゴー、アップル、オレンジの3種類の無農薬天然果汁フレッシュジュース(各550円)など計15種類のドリンクメニューが中心。ランチタイムには、カレーや照り焼きチキンサンド、ハンバーグなどのランチメニューとドリンクのセット(各850円)を提供する。

 店内入り口には物販コーナーを併設し、カフェで提供している「オーガニックブレンド」のコーヒー豆や旭川・谷口農場の発芽玄米などの食品のほか、オーガニックソープやキャンドル、アロマ商品などの雑貨など約300種も扱う。今後は、カフェで提供するオーガニック食材や観葉植物の販売も予定。

 同店担当者は「「心身ともにゆとりがないと、オーガニックなどのこだわりは持てない。ゆとりを持って生活する人のための提案商品を今後も充実させたい」と話している。

 営業時間は10時~23時。

札幌に1日限りの「アロマカフェ」(札幌経済新聞)札幌の人気カフェ「ジミーブラウン」が2号店(札幌経済新聞)モデルハウスを利用して「オーガニックカフェ」(山口経済新聞)高崎のオーガニックカフェ、営業時間園長でベルギービール投入(高崎前橋経済新聞)原宿のオーガニックカフェ、屋上テラスで「ビアガーデン」(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…