食べる

札幌・二条市場近くに「帯広豚丼ポルコ」 函館に次ぎ2号店

帯広タレ豚丼

帯広タレ豚丼

  • 0

  •  

 札幌・二条市場近くに7月5日、「帯広豚丼 ポルコ札幌店」(札幌市南2条東1、TEL 011-218-1429)がオープンした。

和風レトロをイメージした店内

 ポルコはイタリア語で「豚」の意味。店主・山本幸生さんの大学の先輩・松村さんが6年ほど前、函館に1号店をオープンした。約3年前、愛知にいた山本さんが物産展で訪れた松村さんと出会い豚丼を試食。「食べてすごくおいしかった。自分も飲食店の経験があったので、この豚丼、この味なら」とのれん分けという形で札幌店オープンに至った。山本さんは「あまり甘すぎず、後に引くオリジナルのタレ。あの物産展での出会いがなければ今のオープンはなかった」と振り返る。

[広告]

 店舗は和風レトロに仕上げ、店舗面積は7坪、席数は17席。帯広タレ豚丼、函館塩豚丼のレギュラー(1,000円)を中心に、夜の時間帯は限定メニューの1ドリンクと豚皿の晩酌セット(1,000円)などおつまみ類やドリンクはビールやハイボール、本格焼酎、ワインもそろえる。

 オープンしてから約1カ月半。出店場所は、北海道の土産を求め観光客がにぎわう札幌の二条市場の隣。山本さんは「帯広豚丼は帯広の家庭で食べるソウルフード。道内では有名だがもしかしたら道外の方にはそんなに広まってないかもしれない。現在、地元の方に楽しんでいただいているのはもちろん、ネットや雑誌などで道外の観光客の方にも食べていただくようアピールしていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~15時、18時~23時。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…