3密を避けて新しい生活様式へ!

「ライジングサンロックフェス」第4弾出演者発表 envy、夙川ら

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO(画像は昨年の様子)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO(画像は昨年の様子)

  • 0

  •  

 北海道最大級の夏の野外フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」の第4弾出演アーティストと出演日が6月9日、発表された。主催はプロモーター「WESS」(札幌市西区二十四軒4条5)。

 1999年の開催から今年で17回目を迎える同フェス。石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージを舞台に、1日目の昼から深夜、2日目の昼から翌日の朝までオールナイトでライブを繰り広げる。昨年は約6万人を動員した。

[広告]

 今回発表された出演者(ステージアクト)は18組。出演日は以下の通り。

 1日目=安藤裕子さん、envy、ザ・コレクターズ、シアターブルック with SOIL&"PIMP"SESSIONS(for CAMPERS=通し券購入者のみ観覧できる)、水曜日のカンパネラ、Drop's、THE BLACK COMET CLUB BAND。

 2日目=WEAVER、うつみようこ & YOKOLOCO BAND、OGRE YOU ASSHOLE、黒田征太郎(描く)×中村達也(叩く)、cero、PIGGY BANKS、フジファブリック、降谷建志さん、N'夙川BOYS、IN THE MIDNIGHT HOURS “The Blues Is Alright”<竹原ピストル、T字路s、blues.the-butche-590213 with うつみようこ+佐藤タイジ(シアターブルック)、MONSTER大陸、Rei>、TONE PARK(DJs=TAKKYU ISHINO、TOWA TEI、HIROSHI KAWANABE、SUGIURUMN/LIVE=agraph/VJ=DEVICEGIRLS)。

 同発表では、イラストレーター・黒田征太郎さんとドラムス・中村達也さんによるスペシャルユニット、エレクトロやテクノをメーンに複数のDJらで夜通しアクトするTONE PARK、深夜のコンセプトライブ企画「IN THE MIDNIGHT HOURS」は、The Blues Is Alrightと銘打ち5組のアーティストが集まるなど、コラボレーションステージも多数発表された。一部アーティストは同フェスホームページに意気込みも寄せている。これまでに発表されたアーティスト・ライブアクトは計77組。

 開催日は8月14日・15日。料金は、通し入場券=1万8,500円、14日券=9,300円、15日券=1万3,000円、テントサイト付き入場券=2万2,000円、オートキャンプ付き入場券3万1,000円。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…