3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「じっくりコトコトこんがりパン」に北海道限定新商品-札幌で発表会

「じっくりコトコトこんがりパンのサーモンとじゃがいものポタージュ」

「じっくりコトコトこんがりパンのサーモンとじゃがいものポタージュ」

  • 0

  •  

 ポッカサッポロフード&ビバレッジ(愛知県名古屋市)は3月4日、インスタントカップスープ「じっくりコトコトこんがりパンのサーモンとジャガイモのポタージュ」を北海道限定で発売する。

調理したスープ

 同商品は2002年に発売し、濃厚なポタージュに2度焼きして「さくさく」の食感を引き出した「焼成パン」を加えた人気カップスープシリーズの新商品。同シリーズではこれまでにコーンポタージュ、クラムチャウダーなど7種をラインアップ。限定商品には、生産量・水揚げ量が共に日本一である北海道産のジャガイモとサーモンを具材に加える。メーンターゲットは20~30代のOL、30~40代の男性。

[広告]

 同社は「ポッカコーポレーション」(愛知県名古屋市)と「サッポロ飲料」(東京都渋谷区)が統合し今年1月に設立。同商品は両社にゆかりのある北海道の素材を使った企画商品として新たに開発。「サッポロフードマーケティング」(札幌市中央区)によると、スープ事業は「右肩上がり」の業績で同社の売り上げの10%に上る。2016年度までに16%の売り上げ上昇を見込み、事業展開の拡大に乗り出す。

 2月25日に「サッポロビール博物館」(札幌市東区)で商品発表会が行われ、サッポロビール北海道本社の泉山利彦社長は「サッポロビールはふるさとのために何ができるかをスローガンに掲げている。北海道の素材を使い、北海道で作ることで流通の活性化を図り、東南アジアへの輸出も視野に入れ北海道食材の販路拡大、ブランド力向上も図りたい」、ポッカサッポロフード&ビバレッジの柾矢真一常務は「ポッカの本拠地・名古屋、サッポロビールの本拠地・北海道、2つの地元を連携し新規顧客を開拓したい。今後も北海道に根差した商品の企画開発を手掛けたい」とそれぞれ抱負を話した。

 価格は168円。北海道内の一部スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…