暮らす・働く

円山動物園に新施設「アジアゾーン」-13種の動物を生息環境ごとに

渡り木を渡るレッサーパンダ

渡り木を渡るレッサーパンダ

  •  
  •  

 円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘3、TEL 011-621-1426)に12月12日、新施設「わくわくアジアゾーン」がオープンした。

眠そうな表情のユキヒョウ

 同園では、展示エリアごとに動物の生態や環境問題に関するパネルなどを設け動物・環境への配慮を呼び掛けるゾーニング化を進め、現在までに北海道・北方圏ゾーン(エゾシカ・オオカミ舎、エゾヒグマ館)、野生復帰・自然体験ゾーン(猛禽類野生復帰施設、動物園の森)、は虫類・両生類館などを建設。「わくわくアジアゾーン」はこれらに続く展示の一環。総工費は12億8,230万円。敷地面積は1877平方メートル。

[広告]

 地理や気候の違い、環境の多様性に合わせ、動物が生息している自然環境をできるだけ再現。動物本来の行動を引き出し、「動物と観客のいる場所が一体となって感じられる」という「生息環境展示」を採用した同ゾーン。アジア圏に生息する絶滅危惧種を中心とした13種の動物を展示する。屋内の観覧スペースを充実させることで季節や天候に左右されない環境を整備し、来園者へも配慮する。

 ゾーン内は「寒帯館」「高山館」「熱帯雨林館」の3館で構成し、寒帯館に「アムールトラ」「ユキヒョウ」、高山館に「レッサーパンダ」「ヒマラヤグマ」、熱帯館に「マレーグマ」「マレーバク」「テナガザル」「クロザル」「シシオザル」「コツメカワウソ」「インドオオコウモリ」「カンムリシロムク」「アジアアロワナ」をそれぞれ展示する。ユキヒョウが岩場を掛け上がる姿や、夏にアムールトラが水浴びする様子、レッサーパンダが来園者の頭上の「渡り木」を渡る様子などが「見どころ」だという。

 2014年度末までに15万人の来園を見込む。

 開園時間は9時~17時(冬季は16時まで)。入園料は600円(中学生以下無料)。年間パスポートは1,000円。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…