暮らす・働く 学ぶ・知る

札幌に24時間資源物回収場「じゅんかんコンビニ」-回収量に応じて贈呈品も

「じゅんかんコンビニ24」外観

「じゅんかんコンビニ24」外観

  • 0

  •  

 札幌・太平に9月15日、24時間資源物回収場「じゅんかんコンビニ24」(札幌市北区太平5条5)がオープンした。運営は、リサイクル業、製品・廃棄物処理などを手掛けるマテック(帯広市西21)。

利用フローの図説

[広告]

 同社が2010年より運営するリサイクル・廃品回収サービス店「じゅんかんコンビニ」(白石区本通20)を基盤とし、新たに開業した同店。古新聞・古雑誌、アルミ缶・スチール缶、小型家電、パソコン、携帯電話、金属製品などを回収し、利用者には商品と交換できるポイントを付与する。同店では新たに、受付専用端末を設け、常駐していた店員を無人化し、24時間利用できるようにした。

 利用する際は端末にカードをかざして受付。初めての利用の場合は受付機でカードを発行する。端末の指示に従い「新聞・雑誌」「ダンボール」「金属・小型家電」「アルミ缶・ペットボトル」などに区別されたボックスにリサイクル対象資源物を入れる。資源物の量や種類によって相応のポイント「リサイクル貢献度」が付与され、500ポイントためてアンケートに答えると商品券やクオカードなどが進呈される。今月31日までポイント2倍のキャンペーンも実施。

 同社の柄澤さんは「好きな時間帯に来られること、処理の面倒な金属類や費用が発生する資源物を手軽に無料で片付けできることが重宝がられている。まずは1度利用してリサイクルにご協力いただければ」と話す。

 今月13日には手稲区富岡にも開業予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース