食べる

札幌・北大近くにインドカレー専門店「スパイス」-ヨガ講師が開業

「SPICE」の店内

「SPICE」の店内

  •  
  •  

 札幌・北大近くに昨年11月11日、インドカレー専門店「SPICE(スパイス)」(札幌市北区北18西5、TEL 011-374-8374)がオープンした。

バターソースとナッツソースで煮込んだ熟成ルーを使った北インド地方のカレー「チキンマッカニ」

 24年前にヨガの講師として札幌に移住したオーナーのマテュウ・アニルさん。「インドの食文化の普及や味、魅力を伝えたい」という思いからオープンにこぎ着けた。「インドといえばカレー。日本人にとってもなじみのあるカレーを食べてもらいたかった」とマテュウさん。店名は「カレー店はたくさんあるので、『カレーといえばスパイス』と連想できるようにシンプルに名付けた」という。

[広告]

 店舗面積は約25坪で、1階=カウンター4席・テーブル10席、2階=テーブル26席。「本場の味を提供したい」という思いの下、30年以上のキャリアを持つシェフを南北インドから招いた。「インドは広いので南北で料理の質が全く違う。それぞれの地域の専門家の味を楽しんでもらえる」。スパイスはインドから直送したものを使うとし、「スパイスの薬膳効果も伝えたい」とも。

 マテュウさん「おすすめ」は、バターソースとナッツソースで煮込んだ熟成ルーを使った北インド地方のカレー「チキンマッカニ」(1,200円)、南インド風のスープカレー各種(1,050円)など。

 カレーメニューは、「チキンカレー」(単品=750円、ライスかナンのセット=900円)、「ラムカレー」(同=900円、同=1,050円)、「ダルカレー」(同=730円、同=880円)、「ベジタブルカレー」(同=800円、同=950円)、「本日のカレー」(同=900円、同=1,050円)など。「オリジナルで配合したナンの食感や味には自信があるのでぜひ食べてもらいたい」

 そのほか「パパド」(200円~)、「シーカバブ」(270円~)「チキンティッカ」「サモサ」「タンドリーチキン」(以上400円)などのインドの定番料理も用意する。

 主な客層はファミリーや年配、大学生などで、女性客が多いという。マテュウさんは「日本人の方にインド料理を楽しんでもらうとともにスパイスによる健康的な効能など、さまざまな魅力を実感してもらいたい」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~23時。駐車場6台。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…