3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌で映画「しあわせのパン」-原田知世さん・大泉洋さんらが舞台あいさつ

パンで作ったパネルで記念撮影。左から三島有紀子さん、原田知世さん、大泉洋さん

パンで作ったパネルで記念撮影。左から三島有紀子さん、原田知世さん、大泉洋さん

  • 0

  •  

 映画「しあわせのパン」の完成披露試写会が11月23日、ユナイテッド・シネマ札幌(札幌市中央区北1東4)で開催され、主演の原田知世さん、大泉洋さん、監督の三島有紀子さんらが舞台あいさつで登壇した。

来年デビュー30周年を迎える主演の原田知世さん

 映画、舞台、イベントなどの企画・運営などを行う芸能事務所「CREATIVE OFFICE CUE」(北2東3)が、「北海道を表現する新しい形作り、国内外へ北海道の魅力を発信する」という構想の下、約2年前から企画を始めた同作品。北海道・洞爺湖のほとりにある小さな町・月浦でパンカフェ「マーニ」を営む「りえさん」「水縞くん」夫婦と、さまざまな思いを抱きカフェに来る人たちによる春夏秋冬のストーリーを描く。撮影は全て北海道で行った。

[広告]

 3人が登場すると会場からは大きな拍手と歓声が上がった。作品について、原田さんは「オール北海道ロケということで、一つの場所であれだけの人数で頑張ることができたのは、あの場所(北海道・月浦)に魅力があったから。心を月浦に置いてきてしまったよう」、大泉さんは「北海道をテーマにした映画や作品に出演できることは北海道出身としてうれしい」、三島さんは「北海道のみなさんと完成を祝えたことがうれしい。月浦という場所は本当に美しかった。ここに住んでいる人たちが何を思い何を感じているかを表現したかった。それぞれの人に何かが見つかる作品になってほしい」と、それぞれコメントした。

 会場には当日、ツイッターユーザー50人を「ツイレポーター」として招いた。舞台あいさつ中、携帯電話などを操作するツイッレポーターの姿を見て、大泉さんが「ケータイ置きなさいよ」と言って笑いを誘う一幕も。

 「太陽の光など自然の光を大切にしたい」という三島さんのこだわりの元、「休憩中に『大泉さん!』と絶叫されて、何が何かわからないまま撮影したこともあった」などと笑いを誘った。

 同作テーマの一つである北海道の食べ物について、三島さんは「北海道の野菜は色味が良く、撮影には色にこだわった。パンは見栄えをよくするためパンの発酵時間に合わせて撮影したりもした」、原田さんは「北海道の野菜はそのままでもおいしくて驚いた。休憩中も色んな北海道の食べ物を頂き、食べ物の話ばかりしていた」、大泉さんは「共演者の人にスープカレーや北海道のいろいろな食べ物を振る舞い、ワイン片手に休憩したりもした(笑)」などのエピソードを披露。そのほか、パンで作った映画のパネルも登場し記念撮影も行った。

 三島さんは「もし見た帰り道に(作品のテーマの一つである)『自分にとって一つだけって何かな』と思ってもらいたい」、原田さんは「北海道の人や自然に触れることができて本当に良かった。北海道を出発して全国に向かう作品。温かく見守ってほしい」、大泉さんは「ピンと張りつめた気持ちが緩むような映画。作品はもちろん、北海道の魅力も伝わる作品なのでぜひ多くの人に見てもらい、全国の人が北海道に来てもらうきっかけにもなってほしい」と、それぞれメッセージを寄せた。 

 同作は来年1月21日から、全道で先行ロードショーを予定(全国ロードショーは同28日から)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…