天気予報

20

14

みん経トピックス

札幌の文具店オリジナル商品「さっぽろ雪まつり」開幕

札幌のオフィス街に「かまくらのギャラリー」 雪と光モチーフに作家ら作品展示

札幌のオフィス街に「かまくらのギャラリー」 雪と光モチーフに作家ら作品展示

虹色に輝く幻想的なかまくら内部

写真を拡大 地図を拡大

 札幌の都心にある札幌市北3条広場「アカプラ」(札幌市中央区北2西4)で現在、「雪と光のプロジェクト さっぽろユキテラス2016」が開催されている。

光の演出で外側からも輝くかまくら

 同プロジェクトは札幌の特徴の一つである雪と光をモチーフに冬の魅力を発信するプロジェクト。国内外で活躍するアーティスト5人の想像力で雪を魅力的に演出する。今年で2回目の開催。主催は札幌駅前通地区活性化委員会。

 今年のテーマは「光があらわすもう1つの世界」。同広場に4つのかまくらを作り、かまくら内部にアーティストが作品を展示し、白い雪の世界を変貌させる。

参加アーティストと作品名は、デジタル映像作家のフランソワ・ヴォジェールさん(フランス出身)の「エロンガシオン(伸長)」、映像作家・美術作家の伊藤隆介さん(札幌出身)の「ブラックホール[ミニ]」、美術作家の水内貴英さん(岡山県出身)の「虹色の洞窟」、映像作家の志村信裕さん(東京都出身)の「宝石/2009」。

 、広場全体を使った夜間のみの光の演出は、光や映像による作品や公演活動をしている高橋匡太さん(京都出身)の「Snow Planets」。作品の鐘を来場者が鳴らすと、音に反応して15秒間ランダムに変化する光のアートを体験できる。

 2月6日・7日・11日は水内さんが指導するワークショップ「厳冬の植物・スノープラントの洞窟をつくろう」を開催する。参加者が作った幻の植物スノープラントでかまくら内部を飾る。参加無料。

 開催時間は12時~21時。光の演出は17時から。ワークショップの開催時間は12時~17時。入場無料。同11日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ひょうたんは実にひょうげた形をしている。そのひょうげた形から漏れてくる明かりが心を穏やかにしてくれる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング