暮らす・働く

ホテルエミシア札幌に企業主導型保育園 陽光射し込む明るい園内

園内の様子

園内の様子

  • 8

  •  

 企業主導型保育施設「新さっぽろくわのみ保育園」(認可外保育園)が4月1日、ホテルエミシア札幌(札幌市厚別区中央2)1階に開園した。

 同ホテルではかねて、「子育て中のスタッフが安心して働ける環境があったら」との思いでホテル内保育施設の構想を描いていたという。今回、進行中の「新さっぽろ駅周辺再開発プロジェクト」に伴い、保育事業を計画していた介護福祉事業や企業内保育施設で実績を持つ企業と協力し、ホテル内に保育園開園が実現した。

[広告]

 同園は、ホテル1階の和食レストランを改装した広さ約200平方メートルの空間で、大きな窓から陽光が入る明るい園内。園内には年齢別に保育室3室、0歳児曜のほふく室1室を配し、子どもへの食事を提供する厨房(ちゅうぼう)も設置している。建物北側には、保育園専用の入り口を設け、ホテルゲストを気にせず送迎できるという。園内の電気は、ホテルの自家発電システムから供給することで、災害時や停電時でも電気供給が可能で安心して預けることができる。

 同園は、「よく食べ、よく遊び、よく眠り、丈夫なからだをつくる」「1人1人がさまざまな経験を通して生きる力をつける」を理念に、ぬくもり溢(あふ)れる愛情を持って接することを第一に考えている。主に同ホテルのスタッフ、または連携する企業のスタッフが対象だが、新さっぽろ周辺地域における待機児童解消のために、地域枠として受け入れも行うという。

 基本開園時間は8時~21時。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース