暮らす・働く

センチュリーロイヤルホテルにチャリティー宿泊プラン 医療従事者を応援

客室(イメージ)

客室(イメージ)

  • 8

  •  

 センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区北5西5)が1月20日、「皆様のエールを北の医療へ! 医療従事者等応援プラン」の販売を始めた。

 「ほっかいどう応援団会議」参画企業の同ホテルが、新型コロナウイルス感染症拡大の最前線で奮闘する道内の医療従事者と影響を受けた人々を応援し、一日も早い復興を願い、趣旨に賛同・協力する人を対象に企画した同プラン。

[広告]

 宿泊部屋は朝食付きでツイン、トリプルを用意。利用者には、ホテル内のレストランなどで利用できるクーポン(1泊につき1枚1,000円分)を進呈する。クーポンの同額分は、北海道が推進する地域医療支援プロジェクト「エールを北の医療へ!」に寄付する。寄付報告は同ホテルホームページに掲載する予定。

 総支配人の桶川昌幸さんは「新型コロナウイルス感染症が再び拡大している中、医療従事者などへの感謝と応援の気持ちを込めて、微力ながら何かできることはないかと考えた。コロナ禍で本業が厳しい中でも地域貢献を形にしていきたい」と話す。

 予約は、同ホテルホームページ、各種予約サイトで受け付ける。4月30日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…