3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

札幌・大通に「薄皮焼き芋あんぱん専門店」 サツマイモ使ったスイーツずらり

商品イメージ

商品イメージ

  • 66

  •  

 「薄皮焼き芋あんぱん専門店 夜の鶴、月の芋」(札幌市中央区南1西5)が7月15日、オープンする。運営は北海道を中心に「粋な居酒屋あいよ」「大衆串横丁てっちゃん」などを展開するSMILE SOL。

 同店は札幌市内のパン店「まるやまめろん」「ことにサンド」などを仕掛けたプロデュース集団がプロデュース。スイーツとして現在トレンドのサツマイモを使い、薄皮焼き芋あんぱんで客に新たな味覚を届けたいと話す。

[広告]

 主力メニューは「元祖薄皮焼き芋あんぱん」(400円、予価)。餡(あん)は全国からその時期一番おいしいサツマイモを直接仕入れて使う。皮には道産小麦「ゆめちから」を使い、ふんわり感とモチモチ感の両立を目指した。

 このほか、札幌銘菓のパッケージデザイナーにパッケージデザインを依頼した「おみやセット」(3個1,350円)はサツマイモをイメージした紫と薄茶色のツートンカラーのパッケージが特徴。「手焼きワッフルソフトクリーム」(500円)、「焼いもんぶらん」(650円)など、サツマイモを使ったスイーツを近日中に提供予定。

 営業時間は10時~(売り切れ次第終了)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…