見る・遊ぶ 暮らす・働く

全国から1000人来場 札幌で「ガイドドッグオープンデー」

歩行体験の様子

歩行体験の様子

  •  
  •  

 盲導犬と触れ合うことができる「第21回ガイドドッグオープンデー」が4月21日、公益財団法人北海道盲導犬協会(札幌市南区南30西8)で開催された。テーマは「絆~ 未来へつなぐ想い~」。

デモンストレーションの様子

 北海道だけでなく、東京、静岡、岡山などから約1000人が訪れた同イベント。会場では盲導犬体験歩行や訓練犬デモンストレーション、犬舎・老犬ホーム見学、視覚障がい体験、暗闇体験などが行われた。PR犬、老犬、訓練犬、繁殖犬約50頭が会場で来場者を出迎えた。

[広告]

 最も人気だったのは、アイマスクをして公道を訓練士付き添いのもと歩く盲導犬体験歩行。抽選で選ばれた人が参加でき、大人から子どもまでが参加した。このほか、訓練犬デモンストレーションでは、3頭の訓練犬と訓練士が日頃の訓練の様子を披露。犬のしぐさの可愛らしさや従順さに会場からは笑い声や歓声が上がった。

 同協会所長の和田孝文さんは「このイベントは支援していただいている人へ、日頃の成果を見せ、支援が役に立っていること、大切に使っていることを伝える場。今後も年に1度、イベントを開催していきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…