食べる 買う 暮らす・働く

札幌・マルヤマクラスがリニューアル 北海道初出店店舗など15店、開業10周年で

10周年を迎える「マルヤマクラス」

10周年を迎える「マルヤマクラス」

  •  
  •  

 札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」直結の商業施設「maruyama class(マルヤマ クラス)」(札幌市中央区南1西27)は4月19日、新規10店と改装・リニューアル5店を含む15店舗をオープンする。運営は三菱地所リテールマネジメント。

 2009年3月にオープンした同施設は「レジデンツ・クラブハウス(暮らす人々のための施設)」をコンセプトに、円山地区のランドマークにもなっている。リニューアルは、アーミー・ワーク・カジュアルをミックスした「MELANGE」や、レディスセレクトショップ「R&CROSS season」などアパレルショップが中心。昔懐かしい駄菓子を取り扱う「だがし夢や」のコラボ業態「サンシェル with だがし夢や」などもオープンする。

[広告]

 飲食店では首都圏を中心に全国約60店舗を展開する食べるスープの専門店「スープストックトーキョー」が北海道初出店するほか、ラーメン店「直伝屋」もすすきのから移転。このほか100%北海道産生乳を使ったチーズを製造する「ファットリアビオ」や「農家の息子/屋台屋亜細亜」などオープンする。既存店も順次リニューアルしている。

 リニューアルオープンから5月12日までは「10周年祭」を開催。アニバーサリーセールをはじめ、円山動物園とのタイアップイベント、円山在住の絵本作家「すずきもも」さん監修のワークショップイベントなども開催する。

 担当の菊田徳昭さんは「これからもマルヤマクラスが円山のランドマークとしてライフスタイルを発信していきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…