食べる

札幌に期間限定アイスクリーム 酒粕使った濃厚アイスも

「男山大吟醸酒粕」(1,080円)

「男山大吟醸酒粕」(1,080円)

  •  

 札幌の旧5番館西武跡地コバルドオリ(札幌市中央区北4西3)で7月25日から、期間限定のアイスクリーム「北海道愛す」のシリーズ第1弾が販売される。

「夏を一つに」(540円)

 同商品を販売するWillgrace(ウィルグラス)は、飲食店で提供されるデザートアイスのOEMを主力に手掛ける。同社初の自社ブランド「北海道愛す」は、日本料理庖秀会3代目会長の桑原靖仁さんの下で修業した若手パティシエが作る。開発に当たり4カ月構想を練ったという。

[広告]

 第1弾として販売するのは「男山大吟醸酒粕」(1,080円)、「夏を一つに」「白ワイン」(各540円)。「男山大吟醸酒粕」は旭川市の酒蔵「男山」の酒粕、「夏を一つに」はパッションフルーツ、ココナツ、ミントをそれぞれ使用する。

 同社社長の古田幸治さんは「北海道を盛り上げたいという思いで商品を開発した。今回の第1弾商品は、どのアイスも大人が好む濃厚な仕上がりとなっている。ゆったりとした時間が流れているシーンで、ぜひ味わってほしい」と話す。

 営業時間は15時~20時。8月21日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…