見る・遊ぶ

札幌で「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」 世界の若手音楽家育てる国際音楽祭

GALAコンサートの様子

GALAコンサートの様子

  •  

 札幌コンサートホールkitara(札幌市中央区中島公園、TEL 011-520-2000)をはじめとする会場で7月7日から、「パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)」が開催される。

 同イベントは、1990年に、20世紀を代表する指揮者・作曲家のレオナード・バーンスタインがロンドン交響楽団とともに札幌で創設した、世界の若手音楽家を育てる国際教育音楽祭。毎年7月の約1カ月間、札幌をはじめ各地で演奏会を開催するほか、会期の終盤には東京などへのコンサートツアーも行う。

[広告]

演奏会では、楽器編成や人数規模によって「オーケストラ」と「室内楽」に分かれ、主にアカデミー生が練習の成果を披露するものと、教授陣が出演するものに分かれる。札幌コンサートホールkitaraでの最後を締めくくる演奏会の「PMF GALAコンサート」や、札幌での最終日に札幌芸術の森・野外ステージで開催する「ピクニックコンサート」など、1日を通して音楽を楽しめる演奏会もある。

 担当者の皆嶋聡一郎さんは「PMFは20世紀クラシック音楽界の巨星レナード・バーンスタインが、札幌の地に創り、遺した、世界の若手音楽家を育てる国際音楽祭。今年はPMF創設者バーンスタイン生誕100年を記念して、全てのPMFオーケストラ・プログラムでバーンスタインの作品を取り上げ、偉大な一人の音楽家バーンスタインの魅力を感じることができる。爽やかな夏の札幌で、コンサートホールでも野外コンサートでも、世界から選抜された若手音楽家たちの成長の響きを感じてほしい」と話す。

 開催時間は7月7日13時~(PMF2018 オープニング・コンサート)。入場無料。日によって開催時間、入場料は異なる。8月1日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…