見る・遊ぶ

札幌で「こどものための音楽会」 華やかで親しみやすいプログラムを用意

前回のオーケストラによる演奏の様子

前回のオーケストラによる演奏の様子

  •  
  •  

 札幌コンサートホールKitara(札幌市中央区中島公園、TEL 011-520-2000)大ホールで4月3日、「こどものための音楽会」が開催される。

 「札幌友の会」主催で開催される同イベントは、年に1度子どもたちが音楽に親しむ機会をつくろうと毎年開催。今年で50回目。

[広告]

 札幌交響楽団(札響)による演奏のほか、指揮者の佐藤俊太郎さんのによるトークもある。曲目は、チャイコフスキー作曲バレエ「くるみ割り人形」より「花のワルツ」や、歌劇「カルメン」より「トレアドール」、エルガー作曲の行進曲「威風堂々」第1番など。「みんなで歌おう」のコーナーでは、懐かしい日本の歌のメドレーを一緒に歌うことができ、親子で楽しめる。

 イベント担当者の和田紀子さんは「オーケストラの壮大な魅力あふれる演奏のほか、楽器の紹介や札響との協演、みんなで歌うコーナーもあり子どもたちと一緒に楽しめるプログラムになっている。春休みに親子ですてきな思い出を作ってほしい」と呼び掛ける。

 開場は13時30分、開演は14時。入場料は2,000円(新小学1年生から入場可)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…