見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌市民ギャラリーで「おえかきワンダーランド」 デジタルアート作品の北海道初展示も

「らくがきギャラリー」の様子

「らくがきギャラリー」の様子

  •  

 札幌市民ギャラリー(札幌市中央区南2東6、TEL 011-271-5471)で現在、「おもいっきり!おえかきワンダーランド」が開催されている。

 会場には、北海道初登場となる、紙に描いた自分の絵が花火となって展示室の壁に打ち上がる最新デジタルアート映像を活用したお絵描きコンテンツ「紙花火」などを展示する。

[広告]

 このほか、不思議な手触りを感じてもらおうと企画した「ふしぎな砂におえかき」コーナー、インクの代わりに水を使ったペンやスタンプで手を汚さず遊べる「お水でおえかき」コーナー、ペンライトで絵を描く「ひかりでおえかき」コーナー、長い黒板に絵を描く「らくがきギャラリー」などを用意する。

 イベント担当者の青山未奈さんは「体を動かしたり不思議な感触を楽しんだりする、新しい『おえかき』体験を通じて、いろいろな感覚を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時(最終日は16時まで)。入場料は、一般=500円、中学生以下無料。3月4日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…