暮らす・働く

札幌芸術の森で「かんじきウォーク」 彫刻の鑑賞も

子供用プラスチック製のかんじき

子供用プラスチック製のかんじき

  •  

 札幌芸術の森(札幌市南区芸術の森2、TEL 011-592-5111)で現在、「かんじきウォーク」が開催されている。

 同イベントは冬季休館中の野外美術館を無料開放し、泥上や氷雪の上の歩行に用いる「かんじき」を履いて自由に散策し、日本を中心とした現代を代表する彫刻家の作品など64作家74点の彫刻を鑑賞できる。

[広告]

 かんじきと長靴は芸術の森センターで無料で貸し出しており、長靴のサイズは22.5センチ~28センチ。子ども用のプラスチック製のかんじきも用意している。

 担当者の青野まなみさんは「夏とは一味違う冬の野外美術館で冒険気分を味わってほしい」と話す。

 営業時間は9時45分~15時30分(最終入館は15時)。3月11日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…