天気予報

29

21

みん経トピックス

札幌発グルメ漫画アニメ化北海道日産コンプリートカー

札幌で子どもの生きる力を育てる仕事体験イベント 元幼稚園教諭が初企画

札幌で子どもの生きる力を育てる仕事体験イベント 元幼稚園教諭が初企画

1回目の子育てプロジェクトのイベントをPRする白水さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 札幌在住の元幼稚園教諭が4月22日、札幌エルプラザ(札幌市北区北8西3)で子どもの生きる力を育てるイベント「できた!やってみよう!」を開催する。

 主催は子どもや母親向けイベントを企画する「Future-Drawing」の白水美絵さん。白水さんは幼稚園教諭、保育士、託児などを通じて、延べ3000人以上の幼児や父母、家族に関わってきたという。その経験から、子育てプロジェクトを立ち上げ、子どもの生きる力を育て、子どもの夢を応援するイベントを企画したという。

 同プロジェクトの1回目は、子どもたち自身が「知る」「選ぶ」「やってみる」をテーマに、さまざまな仕事を体験するイベントを用意する。子どもたちが体験を通して、いろいろなことに興味を持ち視野を広げることで考える力を身に付け、自信につなげることを目的にする。

 仕事体験ブースは、本格的なカメラによる撮影体験、デコパージュワークショップ、手話、プロの朗読家による読み語り、ハンドマッサージ体験、水引小物作成、英会話体験、オリジナルコースター作成、オルゴナイト作成を用意する。

 25歳のときに海外へ行き、価値観が変わったという白水さん。その経験から「当初は留学支援を行うことで子どもの視野を広げることを考えていたが、海外で新たな体験をしなくても、自分で身近な場所の体験イベントならすぐできると考え直した」と企画経緯を振り返る。 「大人が楽しく働く姿を子どもたちに見せて、子どもたちの職業選択の幅を広げたい」とも。

 白水さんは「大人が子どもの夢を支援するためには、大人も夢を信じられるように心を元気にすることが必要」と話し、5月は大人向けのイベント、6月は「日本の未来を私が変える」をテーマに大人が夢を語るイベント、夏休み時期は親子で自由研究を行うイベントなども予定する。

 開催時間は9時15分~11時30分。会場は4階大研修室。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング