3密を避けて新しい生活様式へ!

「ライジングサンロックフェス」閉幕 6万5000人来場

ラストを飾った10-FEET©古渓一道

ラストを飾った10-FEET©古渓一道

  • 0

  •  

 北海道最大級の夏の野外ロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」が8月16日、閉幕した。

 8月14日の午後から深夜、8月15日の昼から翌日の朝日が昇るまでおよそ50時間にわたりライブを繰り広げた同フェス。今年の来場者数は、1日目=3万人、2日目=3万5000人、計6万5000人。昨年に比べ5000人多く動員した。

[広告]

 初日の天気は快晴で、メーンステージ「SUN STAGE」のトップバッターを飾ったのはKANA-BOON。「よろしくどうぞ!」の掛け声を合図に激しいスネアドラムのロールが鳴り響きアップテンポのロックナンバー「タイムアウト」を披露。ヒットソング「なんでもねだり」や新曲「ダイバー」など含む曲で会場を盛り上げた。

 赤を基調とした幻想的なステージ「RED STAR FIERD」では深夜、複数のアーティストがコラボして演奏するステージ「FRIDAY NIGHT SESSION」を展開。ファンクやロック、ジャズ、ブルースなどのジャンルを複合する4人組バンド・SCOOBIE DOがホストバンドとなり、数々のダンスナンバーを披露。ゲストボーカルの谷川正憲さん(from UNCHAIN)、ROYさん(from THE BAWDIES)、ハナレグミ、福原美穂さん、レキシを加え、ファレル・ウィリアムスさんの「ハッピー」やアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「セプテンバー」などのカバーソングを次々と演奏。ステージ天井には巨大なミラーボールも掲げられ、会場は1970~80年代のダンスホールの雰囲気に包まれた。アンコールではつのだ☆ひろさんも登場し、代表曲「メリージェーン」でステージを締めくくった。

 2日目は、午前中に石狩市立花南中学校の吹奏楽部による演奏ステージも設けられ、途中、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーらも「乱入」してコラボレーションする一幕が見られた。

 東日本大震災で被災した福島県相馬市の復興支援に取り組む「MY LIFE IS MY MASSAGE」のステージでは、HEATWAVEの山口洋さん、山田将司さん(THE BACK HORN)、和田唱さん(TRICERATOPS)、仲井戸”CHABO”麗市さんらがブルースセッションや福島の民謡を披露。RCサクセションの「雨上がりの夜空に」では会場一体となった大合唱や、「楽屋にいたから呼んできた」と、うつみようこさんがゲストとして迎えられるなどの一幕も。

 ラストを飾ったのは10-FEET。自身で野外フェス「京都大作戦」を企画する彼らは、「ライジングの朝日が昇るまでのひとときひと時が大好きだ」「このステージに立つのが夢だった」と、同フェスのラストを飾ることについて感慨深い様子だったが、「そんな時に曇りなんて、なんでやねん」と会場の笑いも誘った。同バンドならではの激しいロックで会場は熱狂の渦に飲み込まれ、アンコールの「RIVER」が始まるころ頃には会場の空も少し明るくなり、雲の切れ間に朝日が差し込み、大歓声の中、閉幕した。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…