買う

札幌アピアに婦人靴ブランド「fitfit」-外反母趾でも履けるシューズを販売

林恵子社長が企画開発した「イタリアンストレッチレザーバレエ」

林恵子社長が企画開発した「イタリアンストレッチレザーバレエ」

  •  
  •  

 札幌アピアに3月6日、婦人靴専門店「fitfit札幌アピア店」(札幌市中央区北5西3、TEL011-209-1432)がオープンした。

札幌アピアにオープンした「fitfit札幌アピア店」

 機能とデザインを兼ね備えた靴「fitfit(フィットフィット)を販売するfitfit(東京都世田谷区)の直営店。全国29店舗目で、北海道地区は初進出となる。道内にも通信販売による利用者がおり、昨年大丸札幌で催事を行った際には1週間で2000足を売り上げた。

[広告]

 売り場面積は、これまでの直営店の2倍の広さとなる約28坪。約20型・1200足をそろえる。

 足の健康や履き心地、歩きやすさを追求しつつデザイン性やファッション性を兼ね備えたコンフォートシューズを取り扱う。店内はカーペット床で落ち着いた空間を演出するとともに、フィッティング時の使用感を確認できるように店内を1周するタイル床も設ける。

 fitfitのコンフォートシューズは、外反母趾(ぼし)に優しいオリジナル木型を開発し、親指側が高く小指側が低い足本来の形に合わせた設計。3層構造の一体型ソールによる高いクッション性と足運びの軽やかさが特徴だ。同社のヒットシューズ「ストレッチレザーバレエ」は主婦層を中心に人気で、1カ月4000足以上の販売実績を誇る。

 同社の林恵子社長自身が外反母趾に悩み、既存の外反母趾用の靴のデザインに満足できなかったことをきっかけに、人間工学を熟知した職人やデザイナーと協力開発して機能性とデザイン性を両立させた商品を完成。2011年3月にカタログ通信販売をスタートさせた。

 価格帯は9,900円~1万3,900円で、1万1,900円の商品を中心に春夏用の商品をそろえる。3月中にはヒール高6センチのパンプスも発表予定。オープン記念として3月12日まで、イタリアンストレッチレザーバレエを記念価格8,900円(税別)で販売する。

 林社長は「幅広いお客様に来店していただくためにアピア札幌店は他店とは店舗デザインを変えた。北海道の皆さまに気軽にフィット感を試していただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…