食べる

札幌駅前の3ホテルでランチスタンプラリー、地元ゆるキャラとのコラボメニューも

駅前3ホテルがゆるキャラとメニュー考案

駅前3ホテルがゆるキャラとメニュー考案

  • 0

  •  

 札幌駅前のセンチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区北5西5)、JRタワーホテル日航札幌(同西2)、京王プラザホテル札幌(同西7)で3月1日から、3ホテル共同企画「ランチブッフェスタンプラリー」が行われる。

シェフがランチビュッフェでコラボメニューを実演

 2015年度末に開業予定の北海道新幹線を記念して行う同企画は昨年に次ぎ2回目。昨年8月19日~9月30日に行った1回目は、目標の1万人を上回る1万4000人が利用した。今回は1万5000人の利用客を目標とする。

[広告]

 期間中、「道産食材を使った『ゆるキャラ』とのブッフェレストラン実演コラボメニュー」をテーマに、各ホテル内のランチビュッフェで地元ゆるキャラとのコラボメニューを展開する。

 札幌大通公園とうきびワゴン公式PRキャラクター「きびっち」は、センチュリーロイヤルホテルとコラボ。「ユーヨーテラスサッポロ」の滝本孝調理長が考案したメニューは、「妹背牛(もせうし)産玄米がゆ入りパンケーキ クリームコーンソース」。「きびっち」の顔の表情をパンケーキのデザインで、頭の房をわらび餅で表現する。「日本料理北乃路」では、三塚竹生副調理長が考案した1日限定10食の「北の味めぐり旬菜弁当」を用意する。

 北海道新幹線開業PRキャラクター「どこでもユキちゃん」は、JRタワーホテル日航札幌とコラボ。レストラン&バー「SKY J」の塚本吉紀シェフが考案したメニューは、「北海道産タコとミックスビーンズのサラダ仕立て 青森産ニンニクの香り」。雪の結晶の形をしたパスタを使い、サラダの上に塩味のあるミルキーな味わいのリコッタサラータチーズを振りかけパウダースノーを表現する。

 札幌市東区マスコットキャラクター「タッピー」は、京王プラザホテル札幌とコラボ。「グラスシーズンズ」の萬谷浩之料理長が考案したメニューは、「札幌産古川ポークのロースト オニオンジャムを添えて とかちマッシュのサラダと共に」。甘いタマネギが古川ポークのうま味をさらに引き立て、十勝産マッシュルームの生の食感が楽しめる。

 3ホテルのランチビュッフェを利用してスタンプを3個集めると「3ホテル満喫パック(スイートルーム1泊招待、スパ入浴とスパ内利用券、ペアディナー招待)」、スタンプを2個集めると「ペアランチ券」を抽選で進呈するほか、スタンプカード提示で2店舗目から利用料が5%引きになる。

 主幹事の京王プラザホテル札幌・池田純久総支配人は「北海道新幹線札幌延伸は5年短縮され2030年となったが、それでもまだ15年も先のこと。当イベントを通じて、札幌延伸の明るい未来に向け、新幹線の気運醸成、街の活性化、北海道の魅力発信を継続していきたい」と意気込む。

 料金は、「ユーヨーテラスサッポロ」=2,300円、レストラン&バー「SKY J」=2,300円、ブッフェ&パーティコート「グラスシーズンズ」=2,400円。

 ランチ営業時間は、11時30分~14時30分(ユーヨーテラス札幌は15時30分、グラスシーズンズは土日祝15時まで)。4月19日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース