「三井アウトレットパーク札幌北広島」増床-4月18日開業、174店に

「メープル・モール」内観イメージ

「メープル・モール」内観イメージ

  •  
  •  

 大型商業施設「三井アウトレットパーク札幌北広島」(北広島市大曲)が4月18日、現駐車場スペースを利用して増床、新施設「メープル・モール」をオープンする。経営は三井不動産(東京都中央区)。

「メープル・モール」外観イメージ(羊ケ丘通側)

 昨年4月に第2期開発計画として建設が発表され、今月、開業日が公表された。鉄骨造地上2階建てで、店舗面積は約2万2300平方メートル。施設名は北広島市の木「かえで」から付けられた。

[広告]

 メープル・モールには、インポート、ドメスティックブランドのファッション、グルメなど45店が出店。既存の施設と合わせて計174店で、北海道最大のアウトレット店となる。初年度の来場者数は500万人を見込む。出店ブランドはホームページで確認できる。

 新千歳空港と札幌の中間に位置する同施設は、外国人観光客にも人気のショッピングスポット。2010年の開業以来、昨年12月までの外国人観光客数は3.5倍に伸びている。現在3 カ国、4 言語(英語、韓国語、中国語=繁体・簡体)対応のフロアガイド、外国語通訳コールセンターの設置や免税対応店舗を導入。フードコートに団体観光客対応スペース、無料Wi-Fi スポット、宗教などで祈とうを必要とする利用客のための「プレイヤールーム(祈とう室)」を新たに設置し、外国語対応可能なスタッフが一目で分かる「外国語対応スタッフバッジ」の着用などのサービスを取り入れる。

 営業時間は10時~21時(店舗によって異なる)。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…