札幌に国内初の「スープカレー横丁」-道内の人気店6店舗が集積

道内の人気店6店舗が集積した国内初の「スープカレー横丁」

道内の人気店6店舗が集積した国内初の「スープカレー横丁」

  • 0

  •  

 スープカレー専門店6店舗を集めた国内初の「スープカレー横丁」(札幌市中央区南2東2)が4月11日、二条市場近くにオープンし、昼時には多くの人でにぎわった。

 不動産事業やシステム事業などを手がけるオークシステム(本社=東京都港区)が企画した「スープカレー横丁」は、札幌でスープカレー専門誌を発行する玉木雅人さんがプロデュースした国内初となるスープカレー専門店の集積フロア。4月9日にプレオープンを行い、470人を動員。開店前から列ができるなど、好調な滑り出しを見せている。

[広告]

 開設場所は、大都ビル地下1階のワンフロア。テレビ番組「TVチャンピオン」で優勝した空間デザイナーの飯塚健司さんが総合デザインを監修。全体は濃い木目調と赤が基調。店内は、モダンやエスニックなど、各店の個性を打ち出した内装となった。

 出店店舗は、富良野の人気店「創作華麗料理 ワンダー」(16席)、旭川の老舗本格カレー店「カレー工房 インド」(28席)の地方店2店舗のほか、札幌市内から西区の「Spicy Soup Curry LEGON」(23席)、中央区・すすきの地区の「Suage」の姉妹店「SPICE BOOM」(24席)、白石区の「インド&ネパール料理 DEVDEVI」(25席)、中央区・円山地区の「KANDY SPICE」が移転・店名を変更した「soup curry Rasata」(24席)の4店舗、計6店舗。

 オープン前から多くのメディアで取り上げられ、市民の期待がふくらんでいるのに対し、玉木さんは「アミューズメントスペースのようにはしたくない」と懸念する。「スープカレーを食べたことのある人もない人も、気軽に来られるような場になれば」とも。

 営業時間は11時~23時(店舗によって異なる)。

オークシステム札幌に国内初の「スープカレー横丁」-今春オープンへ(札幌経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース