食べる

札幌・山の手にオーダーメードケーキ専門店-3Dケーキや似顔絵デコレーションも

カラフルな色合いと立体的なデザインが特長のオーダーメードケーキ

カラフルな色合いと立体的なデザインが特長のオーダーメードケーキ

  •  
  •  

 札幌・山の手の北5条手稲通り沿い(旧5号線)に8月8日、オーダーメードケーキ専門店「Canvas Cakes(キャンバスケークス)」(札幌市西区山の手3条1、TEL 011-590-1569)がオープンした。

代表の藤田さん(右)とパティシエールの藤原さん(左)

 デコレーションケーキや3Dケーキ、焼き菓子ギフト、ウエディングケーキなど、全て予約を受けてから手作りする。初めての注文客に味を知ってもらうため、数量限定で店頭販売用のケーキや焼き菓子も用意する。

[広告]

 店舗面積は約8坪。店名は、注文客の要望を「キャンバスに絵を描くようにケーキをデザインしていく」ことにちなんで名づけた。店内をアメリカのアトリエ風に装飾し、道行く人の目も楽しませている。

 代表の藤田小夜子さんは、もともと広告代理店のアートディレクター。いろいろな販売促進物を手掛けてきたが、「もっと消費者に近い位置で仕事がしたい」という思いから退職。約1年間海外を放浪した後、今年5月に富良野の手作りパン店「FURANO BAKERY(フラノベーカリー)」の店舗プロデュースに携わる。さらに店舗プロデュースについて知識を深めるため、自ら店舗経営を目指したことが開業のきっかけだという。同店の経営や接客は藤田さんが担う。店内の什器や壁の外装も、これまでの経験を生かし藤田さんらが手作りした。

 ケーキ・焼き菓子作り担当の藤原博子さんはベテランのパティシエール。京王プラザホテル札幌(中央区)やプティショコラ(中央区)で経験を積んだ後、アメリカに留学して3Dケーキの手法を学んでいる。帰札後、ケーキスタジオMOMO(白石区)で店長をしていたが、結婚・出産を機に子育てに専念。藤田さんが声を掛け、同店のケーキ作りを引き受けることになった。

 同店のデザインケーキの特長は「幅広い年齢の口に合うさっぱりしてやさしい味わいと、カラフルな色合いとデザインのかわいらしさ」と藤田さん。注文時に、具体的なデザインが決まっていない場合でも、打ち合わせをしながら「お客様の思いを形にして感動させるケーキ作りをモットーにしている」という。

 生地は、ベーシックなスポンジケーキ、生チョコレートケーキ、NYチーズケーキ、ガトーショコラの4種類から選べ、カラフルで立体的な造形で装飾する。

 藤田さんは「イメージに合わせてどんなケーキでも作る。予算やイメージ、プレゼントする相手を喜ばせたい思いなどを気軽に伝えていただければ。世界にたった一つのケーキを一緒に作りましょう」と利用を呼び掛ける。

 デコレーションケーキは4号2,350円~、フルオーダー3Dケーキは3,500円~。アイシングクッキーやカップケーキなどの焼き菓子ギフト、フルオーダーウエディングケーキなどにも対応する。引き渡し予定日の3日前までに要予約。

営業時間は11時~19時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…