見る・遊ぶ 暮らす・働く

札幌に女子高生音楽ユニット「クラリス」の「痛タク」-アルバムPRで

「ClariS」ラッピングタクシー(写真提供=長栄交通)

「ClariS」ラッピングタクシー(写真提供=長栄交通)

  •  
  •  

 札幌市内で5月30日、札幌出身の女子高校生音楽ユニット「ClariS(クラリス)」のラッピングタクシーが運行を始めた。

ボンネット

 ClariSは「クララ」「アリス」の2人組で、動画サイト「ニコニコ動画」で動画投稿者がカラオケ音源に歌声を収める人気カテゴリ「歌ってみた」発の音楽ユニット。投稿される「歌ってみた」動画に注目したアニメ専門音楽雑誌「リスアニ!」(エムオン・エンタテインメント)が付録CDをオファー。これをきっかけに、テレビアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のプロデューサーがその才能に目を付け、ファーストシングル「irony」は同アニメのオープニングテーマに抜てきされた。当時は中学生だった同ユニットはネットで大きな話題となり、以後、「魔法少女まどか☆マギカ「もやしもんリターンズ」など数々の人気アニメのテーマソングも手掛けている。動画投稿時から現在まで本人たちの姿は公表されず、2次元のアニメタッチで描かれたビジュアルが公開されている。

[広告]

 同タクシーは、6月26日に発売する同ユニットのセカンドアルバム「SECOND STORY」のPR企画。水色とピンクを基調としたポップな色合いと2人のアニメビジュアルがラッピングされている。ラッピングを手掛けたのは、「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」の「痛タク(痛車仕様のタクシー)」や「バイオハザードタクシー」「エヴァタクシー」など「アートタクシー」、歌手・藍井エイルさんのラッピングタクシーなどを手掛けた「長栄交通」(札幌市北区)。

 運行当日、「札幌痛タク実行委員会@長栄タクシー」のツイッターアカウントにより同車の画像がツイートされると即座に500を超えるリツイートで「ClariSの痛タクだと…?見つけてやる~!」「Clarisタクシーのりてぇ」「うわっw めっちゃ札幌行きたいww」(原文ママ)などと、大きな反響が寄せられている。「作品のファンの方に楽しんでもらいたい。痛タクもファンあってのものなので、アーティストを応援し、これをきっかけにClariSを知ってくれる人も増えれば」と同社の竹内課長。

 運行期間は3カ月を予定。同作の価格は、通常版=3,059円、「期間生産限定盤」=3,600円、「完全生産限定盤」=4,000円。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…