見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

フリーペーパー「フライングポストマンプレス札幌」が10周年-記念ライブも

創刊号を手にする「F.P.P.sapporo」の川島亜希彦社長

創刊号を手にする「F.P.P.sapporo」の川島亜希彦社長

  •  
  •  

 エンターテインメント情報専門フリーペーパー「FLYING POSTMAN PRESS札幌版」が今年で10周年を迎えた。編集は、高校生向け情報誌「ch FILES北海道版」、ガールズ向け情報誌「STAT!」などを手掛ける「F.P.P.sapporo」(札幌市中央区大通西6)。

記念ライブ出演アーティスト・BAZRA

 同紙は1997年に大阪で創刊し、現在全国7都市で計73万部発行する情報紙。音楽、映画を中心に全国共通の「旬」なエンタメ情報やアーティスト・タレントのロングインタビューなどのほか、配布地域に合わせた「地域密着型エンタメ」コンテンツを配信する。

[広告]

 札幌版では音楽を中心にしたオリジナルコンテンツを紙面に生かし、ライブやイベント情報、札幌出身バンドのコラム、ラジオ局「FM NORTH WAVE」(北区)のコーナーなどを展開。「創刊当初の2001年ごろは札幌からメジャーデビューするアーティストも多かった。地元のアーティストを応援したいという気持ちや札幌のバンドの価値を高めたいという思いがあった」と同社の川島亜希彦社長。「札幌のバンドには独特の個性があり、ほかのアーティストのフォロワーになるよりも『そのバンドの個性の逆に行こう』という気持ちが強いように思う。現在は東京から札幌に戻ってきているバンドも多く、また新しいスタイルで盛り上がり始めている」

 10周年を記念して12月29日、札幌のバンド「BAZRA」と「月光グリーン」のツーマンライブを「COLONY」(南7西4)で開催する。「『BAZRA』は創刊当初からメンバーの鉄平に『勝手に漫画やがれ(映画やがれ)』のコラムを9年、『月光グリーン』のテツヤには『ゲッコウ・ケッコウ・コケコッコウ』のコラムを5年、それぞれ札幌ならではの紙面作りに協力してもらった。実力も高い札幌バンドならではのパフォーマンスを楽しんでもらいたい」

 「創刊から10年、さまざま試行錯誤しながらもずっと読んでくれていたファンもいる 。来年3月からは紙面をリニューアルし、エンタメに特化した本誌ならではの『エッジの効いた』情報を提供したい」とも。

 主な設置場所は、CDショップ、映画館、札幌市内の飲食店など。ライブは17時30分開場、18時開演。チケットは前売り2,000円(別途ワンドリンク500円)。ローソンチケットで販売。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…