食べる 暮らす・働く

北海道の漬物チャンピオン決定戦「T-1グランプリ」、GP大会開催へ

昨年12月、イーアス札幌で行われた「T-1グランプリ2010」の様子

昨年12月、イーアス札幌で行われた「T-1グランプリ2010」の様子

  • 0

  •  

 北海道の漬物チャンピオンを決める決定戦「北海道T-1グランプリ2011」のグランプリ大会が12月11日、「サッポロファクトリー」(札幌市中央区北2条東4)アトリウム・イベントホールで開催される。企画は、農業人材派遣事業、アグリ事業、北海道物産セールス事業などを手掛けるHMカンパニー(北5条西5)。

昨年のグランプリ作品「ヤーコンのぶどう漬け」

[広告]

 道内各地からオリジナルの漬物を募集し、隠れた名品を発掘。日本の伝統文化である漬物の文化を次世代に継承するとともに、野菜の普及を目指す同イベント。昨年初めて開催した同大会では、応募全148作品の中から東神楽町で農家を営む永沼サヨ子さん作の「ヤーコンのぶどう漬け」がグランプリに選ばれた。

 今回の応募総数は192作品(道内認定大会エントリー数含む)。道南・道北・道央・道東の4ブロックごとにブロック大会が行われ、各ブロックのグランプリ1作品、優秀賞2作品を合わせた計12作品の中から北海道のグランプリを決定する。

 「道北ブロックは生産者(農家)の方が多いので、日頃から家庭で作られている作品が目立ちレベルも高かった。一方、道央ブロックは都心部ということもあり、彩りを重視した創作的な作品が多かった。道東ブロックでは、野菜嫌いの子ども向け作られた甘い味付けの作品が目立つなど、それぞれの地域の特色があった」と同社・同大会実行委員の横田さん。

 今年は「個人の部」とは別に、すでに店頭販売している商品、これから販売を検討中の作品を対象とした企業向けの「法人の部」も開催。エントリー15作品の中からグランプリを決定する。

 前大会の反響を受け、第2回となる今年は全国に規模を拡大。「個人の部」「法人の部」ともにグランプリ受賞作品は、来年1月15 日に東京タワーで行われる全国大会に選出される。全国大会では、北海道ブロックほか、東日本、中部、西日本、九州・沖縄の各ブロックでグランプリを受賞した作品を集め、日本一を決定。グランプリ受賞作品は、実際に商品化も検討されるという。

 「個人の部」のエントリー作品は以下の通り。「ヤーコンのサワー茶漬け」「キャベツのなかよし巻き漬け」「オホーツクの宝石箱」「玄米三五八の素de野菜浅漬け」「サラダ風ニシン漬け」「青っこトマトかすみそ漬け」「雪化粧漬け」「モッツアレラ野菜とチーズのみりん粕みそ漬け」「黒サンゴ胡瓜のてっぽう漬け」「まるひろ大根のち~みそ&乳清漬け」「野菜達のみそ漬け」「はりはり漬け」。

 審査は、特別審査員5人と一般来場者による実食審査による投票で行う。「審査の際には、北海道米『ゆめぴりか』やドリンクの提供もある。米との相性を楽しみながら審査を楽しんでいただきたい」と横田さん。「より多くの一般消費者の方に支持された作品がグランプリを受賞するので、ぜひ会場に足を運んでいただければ」とも。

 開催時間は、法人の部=11時~、個人の部=14時~。入場無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース