プレスリリース

クラーク記念国際高等学校の秋葉原ITキャンパスが、東京ゲームショウ2020オンラインに出展!9月26日には限定・来校型イベント「東京ゲームショウバックステージツアー」開催!

リリース発行企業:学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校

情報提供:

クラーク記念国際高等学校の秋葉原ITキャンパス(所在地:東京都千代田区)は、9月23日から27日にオンラインで開催される「東京ゲームショウ2020」に出展中です。


■出展の経緯
 クラーク記念国際高等学校は、「夢・挑戦・達成」を行動指針とし1992年に開校した広域通信制の高等学校です。北海道深川市に設置された本校を始め日本各地にあるキャンパスが、それぞれ生徒一人ひとりの才能開花を目指し特徴ある教育を行なっています。その中でも、秋葉原ITキャンパスは6つのユニークな専攻を有するキャンパスで、ゲーム・プログラミング専攻、声優・放送専攻、マンガ・イラスト専攻、AI・ロボット専攻、eスポーツ専攻、フットサル専攻の6つの専攻を設置しています。
 今回、東京ゲームショウ2020に出展するのは、次年度から新編成される4つの専攻、ゲーム・プログラミング専攻、声優・放送専攻、マンガ・イラスト専攻、動画クリエイト(仮)専攻の4専攻となります。現役高校生が授業で制作したゲームやイラストなどの成果物を発表する場として、また、生徒自身が外部企業や来場者と交流を持つことで視野を広げ、進路選択の幅を広げることを目的として、今年も出展に至りました。
ゲーム・プログラミング専攻
■展示内容・展示ブース内イベントについて
 新専攻である動画クリエイト(仮)専攻の生徒と、マンガ・イラスト専攻の生徒が共に生み出し、声優・放送専攻の生徒が息を吹き込んだVtuber 2人を中心とし、Youtubeにてリアルタイム配信を行います。
 配信の中では、東京ゲームショウ2020に向けてゲーム・プログラミング専攻の生徒がプログラミングを行い、マンガ・イラスト専攻がイラストを担当し制作したオリジナルゲームを実況プレイする予定です。
 実際にプレイしたゲーム作品は、お使いのwindousPCへダウンロードすれば遊べるように手配しております。
 また、9月26日(土)限定で来校型イベント「東京ゲームショウバックステージツアーin秋葉原ITキャンパス」を行います。在校生が配信している様子を見れ、Vtuberになる体験ができます。将来、配信をする側になりたい、新専攻の動画クリエイト(仮)専攻の様子が見たいという方には必見のイベントとなっております。

■担当教員コメント
 東京ゲームショウへ出展するのは今年で2度目。昨年度の反省点を生かした出展にしようと意気込んでいた矢先にコロナウイルス感染拡大対策予防による緊急事態宣言が発令されました。生徒達自身、緊急事態宣言で登校できない中、オンライン授業で画面越しに意見を出し合い、東京ゲームショウのオンライン開催を期待しながら、いつでも実行できるようプレゼンテーションの準備を進めていました。
 東京ゲームショウ2020のオンライン開催が決まってからは、授業だけでなく夏休みも東京ゲームショウに向けた準備をしていましたが、オンライン授業と分散登校で中々互いの意見が合わせられず、対面コミュニケーションの大切さを痛感しながら、ぎりぎりで準備を終えることができました。
 年度当初は受け身で授業を受けていた生徒が多かった中、「高校で学んだことを形にしたい」「昨年度の東京ゲームショウで失敗してしまったことを、今回はできるようにしたい」「他の学校じゃできないことを伝えたい」「みんなで作ったら面白いものができる」様々な思いで企画し準備を行ってきたこの5か月間。今では自分が主体である、という熱をもって東京ゲームショウ運営を行おうとしてます。
 クラーク記念国際高等学校の秋葉原ITキャンパスは、経験豊富なプロから本物のスキルと実践的な内容を学ぶことができるのが特徴の一つです。本来は専門学校や大学などで行う学びを、高校生のうちから行えるようになっています。秋葉原 ITキャンパスでは、週30コマある授業のおよそ1/3に当たる9コマを専攻の専門的な授業にあてており、生徒たちは自分の好きなことを学ぶうちに自信を身につけどんどん成長していきます。
 今年はコロナウイルス感染拡大予防対策で、例年とは異なる状況下の中、「高校生だけでつくる東京ゲームショウ」をモットーに、精神的にも知識・技術的にも、生徒達は大きく成長したように感じています。
 また、本展示の企画運営に関しては、各専攻から集まった「クリエイティブ総合クラス」の生徒が学習の一環として準備を進めました。このクリエイティブ総合クラスは、次年度「動画クリエイト(仮)専攻」に昇格いたします。生徒達が、このクラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスで学んだことをオンラインの形で発表させていただきます。高校生でも大人顔負けの技術と、クリエイターの卵の孵化を感じる作品たちを是非体験していただきたく思います。
声優・放送専攻
■展示内容・展示ブース内イベントについて
 Vtuber2人のYouTube配信では、コメント機能でご参加いただくことも可能です。ぜひお気軽にお立ち寄り、視聴していってください。また、取材等をご希望の方は事前にご連絡ください。

●オンラインイベント
<Vtuberニュース(YouTube配信の生放送番組)>
【期 間】2020年9月24日(木)~27日(日)
【時 間】
9月25日(金)10:00~16:00
https://tgs-online.eventos.tokyo/web/portal/309/event/1214/module/booth/31992/20066
9月26日(土)13:00~19:00
https://tgs-online.eventos.tokyo/web/portal/309/event/1214/module/booth/31992/20067
9月27日(日)13:00~19:00
https://tgs-online.eventos.tokyo/web/portal/309/event/1214/module/booth/31992/20068
※配信中の休憩を含んだスケジュールとなります
【場 所】オンライン(YouTube)
【対 象】在校生、入学希望者、報道関係者、教育関係者、その他
【予 約】無
【参加費】無
【内 容】
・VtuberによるYoutube配信
・Vtuberによるゲーム実況(ゲーム・プログラミング専攻が制作したオリジナルゲーム)

●来校型イベント
<東京ゲームショウバックステージツアーin秋葉原ITキャンパス>
【日 程】2020年9月26日(土)
【時 間】14:00 ~、15:00~、16:00~各回1時間程度
【場 所】クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス
【対 象】入学希望者、報道関係者、教育関係者、その他
【予 約】有
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=OoNM5JxFXk6feeaDUBi30MLXVhCqIHFAnl4cfdsE1ChUNFY3MUQxRVNRQ0dOMkM0Uk1aQTJBWTNIVy4u&qrcode=true
【参加費】無
【内 容】
・Vtuber配信見学会
・Vtuber体験

■関連サイト
クラーク記念国際高等学校WEBサイト
https://www.clark.ed.jp/

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…