天気予報

17

7

みん経トピックス

札幌の雑貨店が木工家具展札幌と京都の劇団が競演

北大学近くの「日替わり105円弁当」話題に-今月から299円定食も

北大学近くの「日替わり105円弁当」話題に-今月から299円定食も

開店に向け準備をする佐藤さん。手前が105円弁当

写真を拡大 地図を拡大

 札幌・北海道大学近くにある定食店「新生みゆきちゃん定食」(札幌市北区北20条西6、TEL 011-756-3410)が提供する「105円弁当」が話題を集めている。

「315円弁当」はボリューム満点

 同店を切り盛りするのは佐藤忠志さん。約20年間スーパーを経営していたが約5年前、取引先だった前オーナーから店を譲り受けた。安くて大盛りのメニュー約30種類が学生や地元客の間で話題になり、道内のマスコミにも何度も登場している地域密着の定食店。原油が高騰した2年前、定食のメーンの価格帯を680円から525円に下げた。「肉丼定食」「カレーライス」「生姜焼き定食」などは今月中旬からさらに下げ299円に。「3食をうちで食べても1日1,000円以下。毎日来てもらいたいね」と佐藤さん。

 「105円弁当」を始めたのは今年4月から。北海道大学の門が新設され人通りが多くなったのがきっかけ。最初は学生がターゲットだったが配達車や営業マン、周辺の工事現場で作業する人などサラリーマンにも好評だ。ほかにも「210円弁当」「315円弁当」も用意する。大学が夏休み中の現在は3種類計20個、講義がある時は約50個を並べている。内容はその日の仕入れにより変化し、コストも抑えている。この日の「105円」はシマホッケ、「210円」はエビフライ、「315円」はシマホッケと牛肉のいため物がメーンだ。弁当の空いたスペースには筋子、梅干し、いかの塩辛などを「できるだけ」詰め込んでいる。

 佐藤さんは「北海道は不景気だから少しでも満足してもらえれば。毎日来ていただけるリピーターが多いので薄利多売で頑張っている」と話す。

 営業時間は11時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング