札幌のリラクゼーションサロンが「スイカ石けん」-オーナー母の手作り

本物と見間違える完成度のスイカせっけん

本物と見間違える完成度のスイカせっけん

  • 0

  •  

 札幌の女性専用リラクゼーションサロン「聖香」(札幌市中央区南1条西12、TEL 011-301-1110)が「スイカ石けん」を販売した。

オーナーの平河内さん

[広告]

 同店は昨年7月にオープン。オーナー平河内さんの母の手作りせっけんは開店当時からサロンでのサービスで使うほか店頭販売もしてきた。今回は夏に合わせたせっけんを数量限定で販売している。

 形、色ともに本物に似ていると評判の「スイカ石けん」。「皮」はせっけんを作る際、水酸化クロムを少し加え竹炭の黒の部分を、緑で実現。「実」の部分は鍋でスイカを切ったものを弱火で煮詰め、搾り取った果汁を使用。仕上げにレッドクレイなどを少し混ぜることで本物のような色を作った。黒色のせっけんを刻んで入れ、「種」も再現している。先に「皮」を型に流し込んだ後、「実」を入れ本物のスイカのようなせっけんが完成した。

 通常のせっけんは1時間ほどだが、スイカ石けんを作るのは3時間以上かかるという。材料は合成界面活性剤や合成保存料など一切使用していない。作成したオーナーの母・睦子さんは「せっけん作りをしている時、何かないかと考えていてひらめいた。遊び心とこだわりを持って作っている。これからもいろんな種類に挑戦したい」と話す。 

 平河内さんは「昨年に使用したお客様にはしっとりしてよかったと評判でした。見た目や形にこだわるせっけんは珍しいと思うのでぜひ」と話す。ほかにも「メンソール椿」「ネトルソープ」「リッチオレンジ」などもある。

 価格は60~70グラムで500円。営業時間は10時~23時(最終受け付けは21時)。水曜定休(9月から不定休)

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース