3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

札幌・マルヤマクラスで「マスク募金」 地域医療・来館者を守る取組み

募金に使用する手動式自動販売機

募金に使用する手動式自動販売機

  •  
  •  

 商業施設「マルヤマクラス」(札幌市中央区南1西27)は6月10日、「マスク募金」を開始した。

 募金は北海道が実施する地域医療を守るための寄付プロジェクト「エールを北の医療へ!」に賛同して行う。同プロジェクトは早くから新型コロナウイルス感染症患者が発生した北海道の医療を守るため、医療従事者等へ支援や医療用資機材の整備などに充てる寄付金を募集している。

[広告]

 募金は同館1階の大通側エントランスに設置した手動式自動販売機に100円を投入すると完了となる。100円の募金でマスク2枚が進呈される。募金活動を通し、北海道の地域医療を守るほか、来館者に依頼しているマスク着用の徹底につなげ、新型コロナウイルス感染症拡大の防止や安心して買い物できる環境を整える狙い。

 館長の菊田徳昭さんは「新型コロナウイルス感染症が収束していない中、客と一緒に北海道の地域医療を守っていきたいという思いを込めた取り組み」と話す。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…