見る・遊ぶ

札幌のギャラリーで「笑顔になる笑顔展」 震災きっかけに子ども写真館が企画

子どもの笑顔写真を60点展示

子どもの笑顔写真を60点展示

  •  

 札幌の写真スタジオ「スタジオ・フォトキッズ」と「フォトキッズ・パルル」が3月11日から、北海道銀行本店ビル(札幌市中央区大通西4)1階「らいらっく・ぎゃらりい」で「笑顔になる笑顔展」を開催する。

 同店は子どもの笑顔にこだわった写真スタジオとして20数年間運営しているが、昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震以降、予約キャンセルが相次いだという。その中でも予定通りに来店した保護者から、「子どもの笑顔が支えになった。大変な時期だが撮影に来てよかった」と感謝されたという。スタッフの杉野恭子さんは「地震で笑顔が消えるほどの出来事があったが、笑顔を撮影する仕事の尊さをしみじみ感じた」と当時を振り返る。

[広告]

 これをきっかけに、10月ごろにスタッフから「笑顔の力をいろんな人に感じてほしい」と声が上がり、今回の写真展を企画したという。「SNSなどで簡単に写真投稿・閲覧できる世の中だが、写真を飾る良さも知ってほしい」という思いも込め、「ほめ写」のきっかけづくりも行う。「ほめ写」とは、教育評論家の親野智加等(おやのちから)さんの呼び掛けで昨年プロジェクト発足した取り組みで、子どもの写真を家に飾り、親がそれを見ながら褒めて子どもの自己肯定感を高める習慣づくりを言う。

 写真展では、これまでに撮影した子どもの写真の中から利用客に許可をもらった写真60点と、子どもの保護者からもらったわが子に寄せるコメントも一緒に展示する。

 開催時間は10時~18時(初日は13時~、最終日は16時まで)。今月17日まで。

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…