見る・遊ぶ

札幌で小説家の特別展 未完小説の思いに迫る

星座を描く有島武郎のイメージ人形

星座を描く有島武郎のイメージ人形

  •  
  •  

 北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1、TEL 011-511-3266)で2月3日から、「有島武郎と未完の『星座」明治期北海道の青春群像」が開催される。

 有島武郎は、明治、大正期の北海道に生きる人々を描き出した小説「カインの末商」「生れ出づる悩み」など数々の作品を生んだ大正時代を代表する小説家。

[広告]

 同展では、有島の生涯を作品や日記、スケッチ、写真などでたどるとともに、自ら命を絶ち、未完のまま終わった「星座」に託した思いに迫る。

 開催時間は9時30分~17時(最終入館16時30分)。月曜休館。観覧料は、一般=700円、高校生・大学生=450円、小学生、中学生=300円、65歳以上=450円。3月25日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…