食べる

札幌・すすきのにパフェ専門店 主婦層から「パフェ男子」まで人気に

オーナーシェフの沖さん

オーナーシェフの沖さん

  •  
  •  

 札幌・すすきのに7月21日、パフェ専門店「幸せのレシピ~スイート」(札幌市中央区南3西4、TEL 011-596-9852)がオープンした。

人気の「フォンダンショコラお城の贅沢」

 札幌市内に構えるイタリアンレストラン「幸せのレシピ」の姉妹店。店舗面積は15坪。席数は14席。同店で好評だったパフェメニューにこだわり提供したいという構想から新店を開いた。歓楽街・すすきのらしく深夜まで営業するほか、スイーツのパフェ以外にも、ワインやビールなどのアルコール類、チーズやナッツのスナック類もそろえる。

[広告]

 オープンから約1カ月がたち、一番人気は「フォンダンショコラお城のぜいたく」(1380円)という。昼の時間帯は子ども連れの主婦、夕方は学生、夜はOLやカップルでにぎわいを見せている。メーンターゲットは若い女性層だが、男性客も多く、中には4~5人で訪れる「パフェ男子」の姿も。

 パフェの高さは約30センチ。北海道産野菜を使うなど素材にこだわる。「抹茶とほうじ茶のティーパーティー」(1280円)に使う抹茶は、10年連続金賞を受賞した九州の八女抹茶を取り寄せるほか、ほうじ茶もしっかり焙煎(ばいせん)し香り豊かに仕上げる。「ポモドーロ 魔法と鏡と偽の果実」(980円)は北海道産フレッシュトマトを使う。ジェラートの原材料もこだわりを持つ。1回の来店でスタンプ1個を押し、3個集めると裏メニュー「Akazukin いちごストロベリーパフェ」が注文できる。

 現在のメニューは春・夏用、10月には秋・冬用のメニューに一新し、パンケーキメニューも追加する予定という。オーナーシェフの沖浩二さんは「パフェ専門店として、こだわりつくしたパフェをそろえた。裏メニューや季節ごとにメニューが変わるので何回来店しても楽しめる。すすきのの宴会後 は『締めパフェ』で幸せになってほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~翌3時。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…