3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

札幌市中央図書館が初のリニューアル-8カ所のエリア分けで快適に

2カ所に設置された展示の木

2カ所に設置された展示の木

  • 0

  •  

 札幌市中央図書館(中央区南22条西13、TEL 011-512-7330)が4月2日にリニューアルオープンした。1991年の開館から初めての改修となる。

 リニューアルにより、「本の森」をテーマに8カ所にエリア分けされた。面積は9049平方メートルのままだが書庫を2階に増設し、席数は310席から326席に。1階は貸し出し可能な一般書と児童書、2階は資料をメーンにし、利用者が目的別に利用しやすくなった。

[広告]

 新設された「デジタル本の森」では、約2400タイトルがタブレット端末とPCで閲覧可能となっている。道内の図書館では数少ないデジタル書籍の貸し出しも今秋に開始する予定。パソコンとインターネットが使用できるキャレル席も12席新設。申し込みが必要で、原則2時間使用できる(他の申し込みが入らなければ延長も可能)。

 改修前に館内で使用されていた椅子や棚なども再利用された。ベンチには仕切りを付け、隣を気にせず快適な時間を過ごせるようにした。また、館内の数カ所にはおすすめの本をディスプレーする「展示の木」を設置し、本との新たな出合いを演出する。同館広報担当は「リニューアルをきっかけに多くの方に来館していただければ」と期待を寄せる。

 開館時間は9時15分~20時(土日祝は17時まで)。第2・4水曜休館。

Stay at Home

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…