食べる 買う

札幌のラーメン店・炎神、都内のイベントで美食王と「異色」コラボ焼きそば

来栖さん考案のビシソワーズと「炎神」のみそだれを合わせた「YAKI-SOBA」

来栖さん考案のビシソワーズと「炎神」のみそだれを合わせた「YAKI-SOBA」

  •  
  •  

 国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で8月3日から開催されるサーキット型フェス「a-nation」で、札幌のラーメン店「炎神」(札幌市中央区)と美食家・来栖けいさんが開発したオリジナル焼きそばが登場する。

火炎放射器で調理する様子

 2002年に始まり今年で11回目を迎える同フェス。渋谷を舞台に音楽ライブ、ファッション、フード、ビューティー関連のイベントを開催する「music week」、味の素スタジアム(調布市)、長居陸上競技場(大阪府)でライブを開催する「stadium fes.」の2イベントを展開する。

[広告]

 オリジナル焼きそばは、「YAKI-SOBA」(600円)。1万件以上の店を食べ歩き、グルメ本の著作などで「美食の王様」とも呼ばれる来栖さんが考案したビシソワーズと、火炎放射器を使ったラーメン作りで人気の「炎神」のみそだれを組み合わせたもの。「屋外で祭りなのでラーメンではなく焼きそばを考えた」と炎神店長の加藤さん。「スタイルとしては焼きそばだが、ビシソワーズとみそだれの組み合わせは普段の焼きそばとは一風変わった感覚を味わえるはず」

 「絶対的な自信を持っているみそだれを全国の皆さんに味わっていただきたい」とも。

 ブースは、国立代々木競技場第一体育館に出店。今月12日まで。

  • はてなブックマークに追加

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…