国内初の「豆」醸造酢を開発-札幌市内の土産店などで販売

十勝産の小豆や金時豆、かぼちゃなどを原料とした醸造酢。刺激が少なく、まろやかな味が特徴。

十勝産の小豆や金時豆、かぼちゃなどを原料とした醸造酢。刺激が少なく、まろやかな味が特徴。

  • 0

  •  

 農産物総合商社の丸勝(帯広市)は、今年10月より販売している国内初の豆の醸造酢を含む3種類の酢に、11月24日より「白いんげん豆」「十勝かぼちゃ」の2種類を新たに加え、札幌市内の土産店などで販売している。

[広告]

 同社は、小豆や金時豆など雑豆の消費回復を図り、北海道立食品加工研究センター(江別市、以下食加研)と共同で国内初の豆100%原料の醸造酢を開発。十勝産豆を原料とした「十勝あずき」「十勝金時豆」、十勝地域の特産品を原料とした「十勝ながいも」の3種類を8月に帯広で先行販売。10月より札幌でも販売を開始した。飲用酢やドレッシング用として健康志向の消費者をターゲットにアピールする。

 豆酢は、米酢に比べ刺激が少なく、まろやかな味が特徴。老化防止に効果的とされるポリフェノールを純米酢の2倍以上、うま味成分のグルタミン酸を4倍含み、カリウムやアミノ酸などのミネラルも。そのほか「十勝金時豆」には、これまでにはない「とろみ」があり、「ドレッシングに最適」(食加研担当者)という。

 価格は各1,575円(275ミリリットル)。帯広市の藤丸デパートや、札幌市内の大丸札幌店「北ほっぺ」、JR札幌駅西口「どさんこプラザ」、丸井今井札幌本店「きたキッチン」などのほか、同社ホームページでも販売している。

 同社は、現在まで約2,100本を販売。同社担当者は「このブランドを大事に育てたい」と話し、生産ラインの確保を視野に入れ、今後は、高級スーパーでの展開やコラボレーションなども予定している。

丸勝ホームページ「ロマメッツ」

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

札幌経済新聞VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース