天気予報

17

15

みん経トピックス

札幌カフェ大型アートで演出札幌のホテルで美人ランチ

札幌・狸小路「わたあめ屋」が1周年 キャラ綿あめ、光る綿あめも

札幌・狸小路「わたあめ屋」が1周年 キャラ綿あめ、光る綿あめも

「わたあめ屋」の竹内康裕さん

写真を拡大 地図を拡大

 札幌・狸(たぬき)小路にある「わたあめ屋」(札幌市中央区南3西2、TEL 011-205-0811)が2月14日、オープンから1周年を迎えた。

綿あめで装飾された店内の様子

 販売しているのは、「カラフルわたあめ」(ピンク、オレンジ、黄色、緑、水色など、各400円)、「味付き綿あめ」(イチゴ、レモン、バニラ、マンゴー、メロンなど、各500円)、光るスティックに巻き付けた「光るわたあめ」(子ども400円、大人600円)。

 オープンのきっかけは、オーナーの竹内康裕さん、和美さん夫妻が子どもたちから聞いた「いつでも綿あめが食べられたらいいな」という言葉。最初は1日に20人程度の来客数だったが、翌週には200人へ増加。クラスの1人が来店したら翌日にはクラスのほぼ全員が、翌々日は隣のクラスの生徒がと雪だるま式に客が増え、2~3時間待ちが当たり前という状態になった。多いときには300~400人が来店し、生産体制が取れない日々が続いたという。

 9月に入ると客数が落ち着いてきたため、ハスカップやラベンダー、メロンなど北海道らしい味を20種類に増やし、「アートわたあめ」(カラフル500円、味700円)のメニューを追加。12月には「キャラわたあめ」(600円)も追加した。

 康裕さんは1年を振り返り、「店舗以外の催事や小学校のバザー用の大量注文、子どものクリスマス会への要望が相次ぎ、旭川や帯広、函館での出店もあった。綿あめがたくさんの人に喜ばれてうれしい。会社のロゴマークやメッセージ付きの綿あめも制作できるので、子どもだけではなく大人も楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は12時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ひょうたんは実にひょうげた形をしている。そのひょうげた形から漏れてくる明かりが心を穏やかにしてくれる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

コンビニでおにぎりを買ったら…

アクセスランキング